行政相談には直接、総務省の行政相談課に相談する方法と、私たち行政相談委員に相談する方法があります。私たち行政相談委員は総務大臣から委嘱を受けて、皆さまの相談をお聞

困ったら一人で悩まず行政相談

解決例を教えて

私たちが実際に解決した事例です
私たち東京の行政相談委員が皆さまからの苦情をお伺いして、実際に改善された例をご紹介いたします。


見通しの悪い道路に安全対策を!

毎日利用している道路は行政相談の中でも最も多く苦情や要望が寄せられるものです。あなたのお近くの道路にも不都合なことや、危ない部分があるのではないでしょうか。ここに挙げたのは、そんな道路についての改善例です。

(要望)都内の市道での事例です。少年野球場近くの三叉路が見通しが悪く、危険なので、カーブミラーを設置するなどの安全対策を講じてほしいと要望しました。

(結果)市及び警察署に対応を要請したところ、安全表示板が三か所に設置されるとともに、路面の表示が道路の形状に合わせて「T字路」から「Y字路」に変更されました。

       
   改善前                 改善後
郵便ポストを新設、移設してほしい!

日常的に利用する郵便ポストへの要望や苦情は多いものです。ポストの位置が分かりにくかったり、道路に近すぎて危なかったりしていないでしょうか。練馬区ではこのような形で解決されました。

(要望)西武池袋線の練馬駅前にあるポストは、古い型であり、汚れもひどいので新しいものに替えてほしい。

 この事案は数年前から二回ほど練馬郵便局に要望されていましたが、当時は対応してもらえませんでした。今回、日本郵便(株)東京支社に要望を出しました。

(結果)ポストが新しいものに替えられ、また、鳥のフン害に遇わないよう、場所も少し移動されました。
      
見通しの悪い道路に安全対策を!

(要望)市の高齢者福祉電話及び緊急電話の手続きをNTT東日本に申請したが、マイナンバーカードは本人確認書類として認めてもらえなかった。政府において顔写真付きの身分証明書として利用できるとされているので、NTTでも認めてほしいです。

 行政相談委員からの意見を受け、東京行政評価事務所がNTT東日本に改善を求めました。

(結果)NTT東日本では社内規定が未改正であったため、マイナンバーカードを身分証明書として認めていなかったが、その後、規定を改正し、マイナンバーカードを本人確認書類として取り扱うことになりました。

行政相談委員意見により解決した事例

私たち行政相談委員は日々の活動によって得られた情報や経験から、改善したほうがよいと思われることを、総務大臣に対して意見を述べることができます。これを行政相談委員意見といいます。この行政相談委員意見によって法律が改正された例をご紹介します。

衆議院議員総選挙と最高裁判官国民審査の期日前投票について


この他の解決例
●育児休業の対象となる子の要件の見直し
●離島における大学入試センター試験の実施
●自動車登録における戸籍謄本等の原本の返却
●津波警報・注意報のテレビ表示の統一
●航空運賃の身体障碍者割引の適用範囲の拡大
●郵便の不在配達通知書の記載について
●青い鳥郵便はがきの無償配布の案内チラシについて
など近年の事例をご紹介いたします。詳しくはこちら

contents

東京行政相談委員協議会

〒169−0073
東京都新宿区百人町
3−28−8 
総務省東京行政評価事務所行政相談課内

TEL 03-3363−1100

行政苦情110番
0570‐090‐110
おこまりならまるまるくじょう110番
リンク

総務省
全国行政相談委員連合協議会
東京行政評価事務所 大阪行政相談委員協議会京都行政相談委員協議会滋賀行政相談委員協議会 奈良行政相談委員協議会